お祝いで胡蝶蘭を贈るときに気をつけたい”六曜”について

気にする人は気にしますし、気にしない人はまったく気にしないのですが、
お祝いで胡蝶蘭を贈るときに”六曜”について注意をしておく必要があります。

現在の日本で六曜(ろくよう、りくよう)は冠婚葬祭などで重要視される傾向が強いです。

「結婚式は大安がよい」
「葬式は友引を避ける」

などですね。

おめでたい時に贈られる胡蝶蘭ですので、縁起がよくないとされている「仏滅当日や先負の午前中」は避けましょう。

仏滅は「六曜カレンダー」を見るとひと目で、その日がどれに該当するのかがわかります。

目次

六曜について

六曜には「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」があります。

六曜は宗教とは無縁なので、必ずしもこだわる必要はありません。
50代以上の年長者の方の場合には気にされる方もいらっしゃいます。

先勝(せんしょう)

「先んずれば即ち勝つ」の意味。かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。万事に急ぐことが良いとされる。午前中は吉、午後は凶とも言われています。

友引(ともびき)

「凶事に友を引く」という意味。勝負事は引き分けになる日。

先負(せんまけ)

「先んずれば即ち負ける」の意味。午前中は凶、午後は吉とも言われています。

仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅するような大凶日」という意味。六曜の中で最も凶の日。

大安(たいあん)

「大いに安し」という意味。六曜の中で最も吉の日。

赤口(しゃっく・せきぐち)

陰陽道の「赤目日」という凶日に由来します。午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされています。

六曜の良い日の順番

  1. 大安
  2. 友引
  3. 先勝

六曜の悪い日の順番

  1. 仏滅
  2. 赤口
  3. 先負

最低限「仏滅」は避けましょう

縁起を担ぐ意味で気にする方もいらっしゃいますので
念には念を入れて、胡蝶蘭を送る前には「六曜カレンダー」で「仏滅当日や先負の午前中」じゃないことを確認しましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる