新社長就任祝いで贈る花は「胡蝶蘭」が定番

取引先で新社長が就任されるような場合にはお祝い品を贈るケースが多いです。

お祝いごとや式典に使われるものとして「花」があります。
花の中でもお祝いごとの定番は「胡蝶蘭(こちょうらん」が選ばれることが多いです。
しかし、胡蝶蘭を贈りなれていないと

「どんな胡蝶蘭を贈って良いのか?」
「いつ胡蝶蘭を贈るのか?」
「価格はどれくらいのものを贈るのか?」

など疑問点が出てきますよね。

ここでは新社長就任祝いで胡蝶蘭を送る場合にどんなことに注意したら良いのかを記載していきます。

目次

どんな胡蝶蘭を贈ったら良いのか?

胡蝶蘭の花言葉は、「幸福が飛んでくる」
簡単なお手入れで長く咲き続けて、胡蝶蘭自体に品があり、華やかな花ですので、
贈答用として喜ばれる花です。

「新社長就任祝い」ともなれば、会社にとっての大きなイベントですから
”豪華で華やかな胡蝶蘭”を贈ることが多いです。

人気がありよく利用されるのが
・「5本立ち胡蝶蘭」
・「3本立ち胡蝶蘭45輪、3本立ち胡蝶蘭39輪」
です。

5本立胡蝶蘭は、最もバランスが良い花密度であり、豪華さも満点です。
幅が約60〜70cm,高さが70〜80cmほどになるとても見栄えするサイズ感です。

そのため3本立ち胡蝶蘭は法人向けに利用されるケースが多いですね。
豪華な見栄えですので、「新社長就任祝い」のようなビッグイベントにはぴったりです。

3本立ちでも「輪数」が多くなると見栄えする胡蝶蘭になります。

会社の事務所ではなく新社長の自宅へ贈る場合には

大きな胡蝶蘭ではなく、コンパクトな胡蝶蘭を選びます。

いつ胡蝶蘭を贈るのか?

正式な辞令が出てから着任までの期間で、
”仏滅を避けて”贈られることが一般的です。

贈る時に何が必要?

就任祝いで胡蝶蘭を贈るときは「立札」をつけて贈ります。
メッセージを添える場合には「立て札」をメッセージの代わりとして使うことが多いです。
新社長がものすごく親しい方でしたらメッセージカードも合わせて添えると良いですよ。

就任のお祝いの場合

就任御祝、就任祝、祝就任、御就任おめでとうございます、御祝

栄転のお祝いの場合

栄転御祝、栄転祝、祝栄転、御栄転おめでとうございます、御祝

価格はどれくらいのものを贈るのか?

「5本立ち胡蝶蘭」ですと3〜5万円、
「3本立ち胡蝶蘭」ですと1〜3万円
前後となります。

[st_af id=”9″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントを残す

目次
閉じる